読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

toyamaBNR32’s diary

富山でBNR32をレストアしているオジサンです。今後はBNR32のお手軽レストア情報や、RB26エンジンのオーバーホール、チューニング情報などでGT-Rがお好きな仲間のお役に立てたらと思います。

toyamaBNR32’s diary 2016-2017

BNR32 NT03RR 18インチ 9.5J+15 純正フェンダー無加工で履きました。

 

f:id:toyamaBNR32:20170423005511j:image

f:id:toyamaBNR32:20170423005717j:image

  

最近、newエンジンのセッティング兼慣らし中に、新型NT03RRのマッチングを確認してたんですが、結論から言うとNT03rrの9.5j+15リアフェイスは、265/35/r18でフロントもリアも3度超のネガキャンなら純正フェンダー無加工爪アリで履けます。

bnr32の可愛い頬や、ケツを叩いたり、削ったり、整形しなくてもいいんです。( ;∀;)

  

条件的には、フロントアッパーリンク10〜15mmショート。リアアッパーも調整式にしなきゃ無理ですよ。

→詳しく知りたい方は、過去記事へ。

BNR32 純正フェンダー 限界ギリギリを攻めろ!の巻 富山から - toyamaBNR32’s diary

BNR32 純正フェンダー で10Jを狙え!編 富山から - toyamaBNR32’s diary

 

f:id:toyamaBNR32:20170423154255j:image

↑ SUPERオートバックスでアライメント中。

アライメントは富山市の婦中町にあるスーパーオートバックスへ行ってきました。

アルミホイールに測定器を固定しないので、傷がつくリスクが減って、4輪の測定が速い!だけあって格安!測定料5000円ぐらいだったかな。トーキャスターキャンバーの調整箇所で追加料金です。トー調整だけなら4輪で3500円ぐらいですよ。

 

 

これによってフェンダークリアランスは1mm程ですが…純正無加工ツライチ(笑)です。当たりそうで当たりません。現車合わせの事前シュミレーターどおり…。汗

f:id:toyamaBNR32:20170423064719j:image 

 

↓F50ブレンボキャリパー逃げは…。

f:id:toyamaBNR32:20170423064855j:image

これはさすがにENKEIさんに事前確認済みですから。GTRサイズだけあって目測で約2cm〜の十分な余裕あります。この車両は355ローターでF50ブレンボと、350ローターのロータスブレンボ仕様ですから純正ブレンボも間違いなく入るでしょう。

 

↓ロータークリアランスは? 

f:id:toyamaBNR32:20170423065106j:image350φリア

f:id:toyamaBNR32:20170423065113j:image 355φフロント

これはフロント355φから25mm/12.5mm拡張する380ローター使うなら、アルミ内径のロータークリアランスは目測で約2mm残ですね。

ギリギリです。

 

しかし、当初懸念してたハンドル最大舵角でホイール内側は、テンションロッドやスタビにも全く当たりません。十分な余裕がありました。

 

NT03rrいいですの。

リアフェイスを純正フェンダー無加工で履くミッション。

完了です。 ( ^∀^)

BNR32 オーバーホール のときに一緒に交換したいアレ。プラスティックのアレ・・・交換しました。富山から。

純正志向ベクトルの俺が、エンジンを見た時に。

いつも気になってたアイツ・・・。

 

f:id:toyamaBNR32:20170422111259j:plain

それが・・・。

 

コレだ。

  

スロットルリップシール!

コレに名前があることすら知らんよね。

NISMOの人でもコレの名前知ってるんでしょうかね。

 

スロットルのスプリングを受けているやつね。

黄ばんで汚れて、さらには割れて。

エンジンルーム綺麗にしてもコイツだけは、どうしても綺麗にならない忌々しい部品だ。

 

 

さらに部品でないし。

 

 

でも新品部品あるんです。

BNR32好きなら誰もが知ってる・・・はず。

我らがREIMAXに!

 

 

reimax.com

 

ちなみに、6連スロットル外さないと絶対に交換できません。

 

 

f:id:toyamaBNR32:20170422111933j:plain

 

ついでにREIMAXの新型等長フロントパイプもポチろう・・・。

 

 

最低地上高がこの位置になります・・・。

 

 

 

RB26 新型エンジンハーネス02 強化 加工 BNR32用 富山から。

 

f:id:toyamaBNR32:20170418123012j:plain

現在、BNR32用の強化ハーネスをEFIテクノロジックさんに製作してもらっています。

他の記事でも書いてますがBNR32の純正ハーネスは、約30年も前の設計ですから今時のMil規格ハーネスとは、導線の性能が全く違います。

 

軽いうえに、耐油、耐熱性能に優れており頑丈で耐久性もあります。

 

Mil規格の線は純正より細く、被覆が薄くなっています。カプラーも専用品で、力入れても引き抜けることはありません。 ※純正カプラーに純正の導線レベルだと、引っ張るとカプラーつけ根からプチンッって切れちゃうか引き抜けてしまいます。

f:id:toyamaBNR32:20170418121025j:plain

以前、アンダー鈴木さんが、数年前にS15の配線をMil規格にしてMOTECに切り替えた記事を見たことありますが、エンジンからECUまで全て引き回すので、作業は相当大変だったと思いますね。

EFI石黒社長いわく、エンジンと車体があればエンジンハーネスは、まるごとMil規格でワンオフ製作できるらしいですが、ハーネスを全部丸ごとmil規格で製作すると、カプラー費用も考えるとコストがかかりすぎて庶民には厳しくなります。

 

>ハーネスを丸ごと製作したときの概算予算はコチラの記事↓

toyamabnr32.hateblo.jp

 

 

そこで、庶民の俺は新しく製作した現代仕様の純正交換ハーネスを・・・。

 

 

さらにハイブリッド化する!

そういうレベル!

 

王様レベルの商品がほしいわけではなく、同じ庶民でも人が持っていないものを欲しがる・・・。

 

まさに庶民!

 

 

ハーネスで重要な個所、エアフロ、ダイレクトイグニッション、インジェクターですが。ここはMil規格でハイブリッド化しようじゃないですか。

 

f:id:toyamaBNR32:20170418123532j:plain

f:id:toyamaBNR32:20170418123615j:plain

 

どう?

俺的にはこういう見た目・・・・。

 

大好きです。(*´ω`*)

 

BNR32のMil規格ハーネスを製作したい方は、富山にあるEFIテクノロジックさんを訪ねてみるといいですよ。最近は、MOTECからLink G4押しの石黒社長です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

BNR32 サビ錆 点検 補修中です。富山から。

春が来て暖かくなり、全国でBNR32が走り出してますね。

 

そんな中、久々に放置してた車両の錆取りと補修をおこなってきました。

 

 

1、エンジンルームのバッテリー直下。

原因、バッテリー液の吹きこぼし(過充電または劣化など)のため。f:id:toyamaBNR32:20170417161812j:plain

しばらく放置したら、穴が開きます(*´ω`*)

f:id:toyamaBNR32:20170417175721j:image 

リザーバータンク外して、サビを紙やすりで磨いてサフェーサーまで。夕飯になったんで、明日にでもパテと塗装やります。

上のパテ盛りは、穴埋めて仕上げまでしなかったトコ…。前回液漏れしたとき、作業時間がなくてパテ盛ったままです。今回はまとめて一緒に綺麗に整形しますよ(笑)

ついでにバッテリーが上がっていたので、amazonで黄オプティマも買いましたよ。ドライバッテリーで、評価と価格がちょうどよかったです。

これで液漏れ、穴開きはオサラバです。 

 

 

2、リアフェンダーの後側の下(フェンダー内)

原因、フェンダー内に巻き上げた砂、雨、アテーサオイルの漏れなどで水路が塞がるため。

f:id:toyamaBNR32:20170417160049j:plain

 

砂抜き穴にゴムのプラグがついています。

中を掃除できるので何でもつっこんで、定期的に掃除したほうがいいですよ。

砂が溜まると、水が止まって乾かずに錆の原因になります。

ほっておくとリアフェンダーの下が錆でもげます。 

 

  

 

3、リアフェンダーの前側の下(サイドシル後)

原因、巻き上げた砂で傷つく、フェンダー内の結露や雨を排泄する穴が無くパネルが袋になって溶接しているので、中に溜まって腐る。

f:id:toyamaBNR32:20170417160039j:plain

ここも錆びやすいですね。錆取りして塗装しておく必要がありますよ。

f:id:toyamaBNR32:20170417160033j:plain

錆を削ってたら1cmぐらいの穴開きました(*´ω`*)

板金しなきゃどうにもなりませんので、これ以上進行しないように錆止め、塗装、パテ埋めして終了。

 

4、ジャッキアップポイント(フロント側左右)

原因、ジャッキアップポイントが潰れてサイドシルからの雨が流れなくなる。新車時からパネル自体が弱い。

定番すぎて書くこともありませんが、BNR32のジャッキアップポイントってウマかましてるだけで綺麗につぶれていきますよね。

ここはパネルごと板金補強しなおさなきゃどうにもなりませんね。

 

 

 

 

 

砂抜きした量。半端ないです。

f:id:toyamaBNR32:20170417160053j:plain

f:id:toyamaBNR32:20170417160057j:plain

 

どうぞ一度点検してみてください。

ついでに「砂抜きプラグ」も新品に交換しておこう。

 

 

 

 

RB26 BNR32 世界最強!? ダイレクトイグニッションテスト中! 富山から。

 

続報!

 

 現在、今日ご紹介するのはEFIテクノロジックさんにて開発中のRB26用の世界最強!?ダイレクトイグニッションコイルキットです。

 

 

もうね・・・。

俺が知らないうちに地味に販売始まってました・・・・。

 

 

しかも、俺のRB26よりも先に、なぜかFDのロータリーエンジンについてました。(笑)

f:id:toyamaBNR32:20170403181555j:plainf:id:toyamaBNR32:20170404180203j:image

※話逸れますが、efiテクノロジックさんはエンジン屋さんなので、ロータリーも組みます。今回のイグニッションコイルは、FDのブリッジポート加工したエンジンに取り付けられてました。ロータリーのシャシダイセッティング動画見たい方。コチラ(youtube)で観れます。ヤバいで・・速すぎます。スリップしてるんじゃありませんよ。(笑)

  

 

 

さて今回本題の・・・。

ダイレクトイグニッションコイルがコレ↓。

 

 

 

 

今回は、作動状態とコイル性能を視認できるように動画を撮影してみました。

テスト方法は、MOTECを使用して仮想のエンジン可動状態を作り出し、コイルにあったドエルタイムや回転数に合わせて点火状態を確認します。

双方500回転弱のアイドリング状態からテストしました。

 

動画上が新製品、下が純正ですが・・・・。

 

 

火力違いすぎでしょ!

スタンガンでしょ・・・。

 

  

プラグは7番でテストしてるんですが、これ熱価が低いプラグだと、先っちょ溶けちゃうんでないでしょうか社長!って話してたら。

やはりエンジン搭載時には、レーシングプラグのハイチューンを使用するそうです。

 

 

まさにフルチューンエンジン用って尖った性能を目にしました・・・。

  

今回テストで使った機材はこんな感じです。

f:id:toyamaBNR32:20170403174038j:plain

テスト機材(新型コイル)

 

f:id:toyamaBNR32:20170403174142j:plain

テスト機材(純正コイル)

 

 このコイルは、BNR32、BCNR33、BNR34でも対応できるダイレクトイグニッションコイルです。従来のパワートランジスタは6つのコイルに内蔵しますので、撤去になります。※撤去が嫌な純正形状にこだわりのある方には、パワトラの形だけ利用して配線を経由することも可能です。要加工または製品流用。

 

 

 点火系の強化に興味ある方、製品に興味のある方や、製品テストに参加したい!などRB26に乗ってる方は、随時モニターさんを募集しているようなので、EFIテクノロジックさんに訪ねてみてもいいかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

RB26 純正 ヘッド 新品売ります! 送料無料で発送!BNR32 BCNR33 BNR34など

 

 

富山は、曇りで肌寒いですね。

 

 

今日は、花粉症を発症しながら、 

BNR32の部品倉庫整理をしています・・・。

  

  

 

普段から頻繁に、大なり小なりの部品整理はしているんですが・・・・。

デカい部品は、数があると屋内倉庫では置き場所に困ります。

 

 

中でも大物部類が、RB26のシリンダーヘッドです。

 

f:id:toyamaBNR32:20170401124959j:plain

純正箱に入ったままで中身は綺麗ですが・・・箱は汚い?

でもウチに来た時から箱汚いです(*'ω'*)

 

f:id:toyamaBNR32:20170401125022j:plain

  

 RB26の新品ヘッドは、2016年に生産停止している状態ですが、2017年になっても生産が始まりません。このまま05Uや24Uのブロックごと、ヘッド受注停止ってことないですよね?やっちゃうの?日産・・・

RB26も30年歳ですのでこの時期が怖いです。

 

「VR38のユーザー増やすためにRB26ユーザーは切り捨てようかな?」

なんて経営の合理化を考えてたら恐怖です・・。

  

   

 さて今回、個人的にオーバーホール、エンジン製作用として在庫している純正ヘッドですが倉庫整理のため欲しい方に販売いたします。

少し減ったんですが、まだ複数台分ありますよ。

 

 

買いたい方は下記をご理解のうえメールでお問合せください。

★228000円(税込み)メールで直接取引される方は、国内送料無料で発送します。(沖縄など離島を除く)

★2個以上購入される方は、多少割引をいたします。単品での割引はありません。

★お名前とご連絡先など記載のうえ下記メールアドレスまでお問い合わせください。

★お問合せ先 toyamabnr32@yahoo.co.jp

★銀行振り込みのみ対応(ご入金確認後、発送手続きします。)

★その他のお支払い方法をご希望の方は、Yahooオークションで「RB26 新品 ヘッド」で検索可能です。

 

f:id:toyamaBNR32:20170401115901j:plain

f:id:toyamaBNR32:20170401115916j:plain

f:id:toyamaBNR32:20170401115932j:plain

 

f:id:toyamaBNR32:20170401115818j:plain

 

在庫数は変わりますので、直接メールでお問合せください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

BNR32 新型 NT03RR 18インチ 9.5J+15 純正フェンダー無加工で履く用意をする編。富山から。

 

本日は晴天なり。

 

黄砂と花粉のひどい富山で、BNR32の純正フェンダー加工無しで履けるアルミホイールについて考えていました。

 

 

以前、リアフェイスのRS05RRが絶対に無理ってことで、リアフェイスを諦めてからも、どうにかリアフェイス&ブレンボ対応のアルミホイールが無いか探していたんです。

 

 

そしたら・・・・。

  

   

ハイっこれ!。

f:id:toyamaBNR32:20170330132326j:plain

f:id:toyamaBNR32:20170330132359j:plain

ENKEIさんのNT03RR。

今春、新発売されましたよ。

 

色はガンメタですね。旧バージョンではホワイトをよく見かけました。隅っこの洗い残しが気になるあのホイールです。

9.5Jですが、離れてみるとけっこう深いです。

 

 

 

色は、見た通りガンメタ購入いたしました。

サイズは、GT-Rサイズで18インチの9.5J+15で、リアフェイスになります。

GT-Rでも、BCNR33、BNR34サイズですな。

 

これに265/35r18でBNR32の純正フェンダーに、ギリっギリっおさまるはずですよ。

f:id:toyamaBNR32:20170330134719j:plain

 

 

恐らく1~2mmぐらいの隙間で収まります。

これは、ある意味・・・ツライチです。

 

 

以前、純正フェンダー加工なしの最大アルミサイズを検証したときの記録がありますので、詳しくは ↓ 下記をご確認ください。

 

toyamabnr32.hateblo.jp

  

 

純正フェンダー加工無しが、9J+10を安全圏のサイズだとして・・・

 

新型9.5J+15だと、外に1.35mm、内に11.35mmサイズオーバーいたします。

 

外は最大+3mmですので+1.35mmはOK。内は+11.35mmですので、スタビとか当たるかも・・・あたらないかも・・・・・

  

    

 

そんな人柱な実験を、BNR32で開催いたします。

  

  

ENKEIさんには、ブレンボ対応してます!って確認済みで、安心してオフセット調整だけに集中です。

 

 

 

 そして今回、ホイール&タイヤ組みつけは、富山市婦中町のタイヤポリスさんにお邪魔しました。硬派なおじさんが、硬派なお仕事をしてくれるお店です。

詳しくは、タイヤポリス | 北陸初の持ち込みタイヤ交換専門店です。へ。

 

 

このお店の特徴は、レバーレスでタイヤ交換をしてくれる点にあります。

超扁平タイヤでも傷つけずに組みかえ交換も可能ですので、気になる方は一度ご相談してみてはどうでしょうかね。アメ車などの26インチアルミもこの機械でレバー使わずに交換やってるんですね。  

レバーってなんだというと、多くのタイヤ専門店で使用しているテコ?みたいやつで、アルミとタイヤの間に入れて、コジッてハメこみする棒みたいなものです。

当然ですが、このレバーが当たっているリムや、中にも傷ついたりするんですね。

それが嫌っていう人用のタイヤ交換専門店。

 

 

そう・・・。

まさに俺に最適なお店です。

 

f:id:toyamaBNR32:20170330140120j:plain

f:id:toyamaBNR32:20170330140046j:plain

 

f:id:toyamaBNR32:20170330140125j:plain

 

 

 

 

 

  

自分は、今回はじめてお店にお邪魔したんですが・・・・。

社長の眼光怖かったわぁ・・・・(*´ω`*)

f:id:toyamaBNR32:20170330135330j:plain

 

 

 

でも、きっとまた利用させていただきます。(笑)

タイヤ交換のみにこだわった専門店、めっちゃ硬派じゃないでしょうか。

 

 

 

 

 

次回、BNR32にNT03RRを装着した結果をご報告させていただきます!