BNR32 クロとシロと俺ブログ。

BNR32のお手軽レストア情報やRB26エンジンのオーバーホール、チューニング手法などを実体験をもとに情報発信しているブログです。

BNR32黒 ときどき 白

BNR32 GT1.0Z Racing マフラー 柿本 に変えてみた。スカイラインGT-R マフラー交換。富山から。

 

 

富山市、雪降ってますょ。

みなさんの地域はいかがでしょうか?

 

 

 

まぁ1年で3ヶ月は、雪降る県ですからね。

雪降ると、ホントやることないですね~と。

ぼんやり外眺めてると・・・・。

 

 

 

マフラー交換

したくなりますよね?

 

 

 

高回転音重視!

よってステンレス製!

メインパイプ90φ!

ストレート構造!

スポーツ触媒対応!

 

 

 

探しました。

んで今回、見つけたのが。

 

 

 

柿本マフラー!

GT1.0Z Racing 90φ

 

 

すぐつけます!

f:id:toyamaBNR32:20190208115400j:plain

またEFIの石黒社長に手伝ってもらいました。

忙しいのにありがとうございます。

 

 

f:id:toyamaBNR32:20190208115426j:plain

カメラ目線!

 

f:id:toyamaBNR32:20190208115734j:plain

 

f:id:toyamaBNR32:20190208115813j:plain

 

 

アイドリング音ですよ・・・。

youtu.be

 

替えての感想。

 

 

低音、高音共に音ワレなし!

マフラーは音重視!って方にはお勧めです。

さらにステン製にしては薄く軽いようで。

なんとステンレス製で8.4キロです。

TOMEItiマフラーはチタン製で7.35キロです。

自分は過去にチタンも使ってましたが、あの「音ワレ」と、ボコッボコッっていうチタン独特の太鼓みたいな低音の「コモリ音」苦手でした。

どうもパイプの厚みに関係あるそうですが、音の伝わり方が、かなり違うような気がします。

このあたりは、音に詳しい管楽器屋さんの領域ですが、音重視でマフラー作れないかなぁ。

真鍮とかシルバーとか金とか使って、伝播率など設計から高回転に的を絞って、音色を究極に突き詰めたマフラーや、後付けパーツあったら、値段高くでも買うんだけどね。

今でもヤマハ製マフラーとか、エキマニとか出たら速攻で購入しますもん!

 

rb26 は…

5000回転~8000回転で。

「ふぉ~おおおおおおおおおおおおん!」

の間に全く音割れなし!

コレ大事だと思うんですよ!

途中でビリッとか、ビビリ音あったり、割れてるのは論外。ましてやバァ〜〜ンとか、ビァ〜〜ンとかではなく。

管楽器のようにふぉ〜〜んと、高回転時に音が整っていないと気がすみません。

 

 

 

↓んでコッチが今までつけてたマフラーです。

 

 

Be-FREEのメイン80φステンレス製。

これは良い音してたんです!

これは、良いものだ。

そのまま奥さんの白にあげました。

f:id:toyamaBNR32:20190208120006j:plain

 

このまま車検に通るし、RB26のマフラーはステンレス一番ですわ!

高音の良さ!

ふぉ~おぉおおおおおん!

めっちゃきもちいぃ~!

 

 

奥さんも交換して踏んで大喜びです・・・。

安くても、良いモノってあるもんですよね。

 

 

 

ただし!

デザインは・・・ダサ×古い・・・

 

でも音は最高!?

 

 

個人的に、上記の二つのステンレス製マフラー評価してみると。

 

GT1.0Z Racing 90φ

設計>音>デザイン

性能&音両立のバランス型

※街乗り非対応

 

Befree 80φ

音>>>設計≧デザイン

音&価格重視型

※街乗り対応

 

bnr32で街乗りメインならBEfreeが最適かも…。音だけならBEfreeのほうが好きですね。

 

 

さて次回は、いよいよフルクロスミッション搭載⁈パワーチェック&再セッティング動画の二本立ての予定です。