toyamaBNR32’s diary

富山でBNR32をレストアしているオジサンです。今後はBNR32のお手軽レストア情報や、RB26エンジンのオーバーホール、チューニング情報などでGT-Rがお好きな仲間のお役に立てたらと思います。

toyamaBNR32’s diary 2016-2017

BNR32 Do-Luck Torque Manager II + DIGITAL G SENSOR トルクマネージャー アテーサコントローラー 取り付け方法 富山から

 

今回、うちの子(黒)に取り付けするのは、Do-luck のトルクマネージャー➕デジタルGセンサーです。

  

 これは前回記事にしたアテーサET-Sの仕組みのうち、Gセンサー自体をデジタル式に変更し、さらにGセンサーとアテーサECUの間に入って、アテーサの挙動をある程度制御することができるユニットです。基本制御はG-BOXモードという4つのモードで、スポーツ、サーキット、純正、ユーザー設定となります。それぞれのコントロールの振り分け内容は公開されていませんが、サーキット←スポーツ←純正の順に効き方が早く、強くなるんでしょうかね。

 またスロットル開度によるコントロールも介入するモードがあって、これはAXRモードという。AXRモードはG-BOXモードに付随するモードで、スロットル開度によってプリセットされている制御幅を追加するらしい。

 さらに両方のモードに対して、スロットルの信号を変更できるモードがあって、アテーサECUに入るスロットル信号をMAPで追加制御できるそうな・・・この設定はサーキットなどで自分の走りに合ったとこ探してセッティング煮詰めないといけませんね。

 

 

アテーサコントローラーの効果は・・・、

とりあえず取り付けして、さっさとサーキットに持ち込まないとわからない。

 

f:id:toyamaBNR32:20170830172245j:image

 

早速、取り付け開始ですが。

1.純正Gセンサー取り外し

2.デジタルGセンサー固定

3.スロットルセンサー信号の割り込み配線

4.アテーサコントローラー取り付け

という作業的には比較的に簡単な行程です。

 

f:id:toyamaBNR32:20170830172300j:image

 

細かい作業手順は…。

 

必要工具

10mmラチェット、プラスドライバー大小、電工ペンチ、ギボシセット。

 

1.バッテリー➖端子外し。

2.助手席側スカッフプレート取り外し。

3.助手席、左側足元のecuカバー取り外し。

4.ecu取り外し、ecuカプラー取り外し。

5.ecuカプラーからスロットルセンサー信号配線〈56〉探す。切る。割り込み配線(付属配線ギボシ加工)カプラー戻す。

6.シフトノブ、シフトブーツパネル(エンジン側から爪を外す。)

7.クラスターリッド(コンソールボックス側から爪を外す。)

8.センターコンソールボックスは、左右ネジ4本外す、後席側を持ち上げれば外れる。

9.純正Gセンサーは土台に固定されてるので。カプラー2本外して、土台のナット2個外して、土台ごと取り外し。

10.土台にはGセンサー外し。小ネジと爪で土台についてるけど簡単に外れます。

11.土台だけ戻してデジタルGセンサーを付属両目テープ固定。

12.デジタルGセンサーに純正カプラー2本、コントローラー1本、付属のBNR32スロットルセンサー信号割り込み配線のカプラー1本固定。

13.全部の配線とカプラー確認したら、バッテリー繋いで、純正メーターやアテーサコントロールにエラーがないか動作チェック。

14.内装戻す。

 

 

 

内装の爪割れや傷に気をつけてると、なんだかんだで素人DIYは1時間半ぐらいの作業でした。

 

 

・・・ っうかここまでやって!

俺の車!4WDエラーでとるし!おぃ。

 

 

f:id:toyamaBNR32:20170902141431j:plain

 

 ↑ちなみにR32カプラー図は線が刺さってる側からの図です。他社ではカプラー図は端子側から見るのもありますので凡ミスしないよう注意がいります。

 

さて、どうなんだろうね。

どこで間違えた?

 

  

いや配線間違えんでしょw

純正カプラー2個を差し替えるだけやし・・・。エラー表示はスロットルセンサー信号(56)が怪しい。とりあえずスロットルセンサーの配線を外すと、4WDエラー表示が消えたので、G-BOXモードのデジタルGセンサーのみ制御で試乗テスト・・・・。

 

 

   

んっ?・・・・

想定よりアテーサ動作が弱いコレ?

 

 

前回の鈴鹿走行で、純正アテーサがビンビン動いてるのは確認してるから・・・。

今回デジタルGセンサー取り付けして、アテーサ反応弱くなった?いやコントローラーでG-Boxモードを切り替えてサーキットモードでもアテーサの反応弱いし・・・。

 

何かがおかしい。

これは何がおかしいか調べなきゃならんですね。

 

 

 

一端、

冷汗かきながら純正Gセンサーへ復帰します!

 

 

  

純正Gセンサー使って走ると、アテーサ復活・・w

  

  

どゆこと!

↑やっぱ俺、なんか配線間違えた!?

  

ということで。

 

 

 

一回落ち着いて…。

 

他に車両側のアテーサ故障も可能性あるから、一度純正Gセンサーつけた状態で、アテーサecuのエラーチェックしました。

トランク開けて左側上部に固定されてるアテーサ&ABSのECUは、下側から見ると丸い小窓がついてます。ここには赤いランプがつくようになっていて、点灯回数によってエラー内容がわかります。

 

f:id:toyamaBNR32:20170905210030j:image

純正Gセンサー接続時にはエラー点灯無し。

  

 

youtu.be

 

次にデジタルGセンサーに交換してエラーチェックすると16回点灯・・・・・。  

エラーでてますね。

16回点灯は・・・・横Gセンサーおよび経路?

 

 

 

 

これはデジタルGセンサーの初期不良でしょうかね。

  

 

 

早速do-luckさんのwebからメール問い合わせして、すぐに連絡がとれたので商品を送り返して一度チェックしてもらいます。

  

 

その後、数日でdo-luckさんから代替品が送られてきました。

ユーザー対応が素早い会社って好印象です!! 

 

 

早速、アテーサECUのエラーチェックするとエラー点灯なし。( *´艸`)

明日から雨の日走行で動作チェック開始します!

  

 

次回は動作チェックしてから鈴鹿いきます・・・。

反省。