bnr32 エンジン rb26 鈴鹿サーキット

toyamaBNR32 ときどき JZA80 diary

富山でBNR32をレストアしているオジサンです。今後はBNR32のお手軽レストア情報や、RB26エンジンのオーバーホール、チューニング情報などでGT-Rがお好きな仲間のお役に立てたらと思います。

toyamaBNR32’s diary 2016-2017

RB26 オーバーホール メタル測定 組みつけ チューニング 富山など

ここまでの経緯。

 

このブログは、愛車BNR32のエンジンブローをきっかけに、富山県でRB26を作れるお店を探したんですが、自分が納得できるほど精密で、かつ信用のおけるお店が数少なく、なかなか新エンジンつくりに着手できなかった富山県在住のおじさんが、ちまちまと書いています・・・。BNR32は完全趣味の車ですから、そのうち縁がある人に頼んで直そうかと思っていましたが、去年ふとしたきっかけでエンジン製作の新会社を立ち上げたばかりのEFIテクノロジックの石黒社長と出会って、いよいよ新エンジン製作へ重い腰をあげました。

 

EFIテクノロジックさんでは、精密測定と調整、加工、データシート添付、保証などの多くのメリットがあり、さらに石黒社長の繊細な人柄が良さげだったのでお仕事をお願いしました。

 

 

 

当ブログは、RB26新エンジン製作日記みたいになってきました。
 

 

さて前回記事までに、パーツ点検、計測、加工などは終了しているので、組み付け作業を始めています。

 

 

今回は、f:id:toyamaBNR32:20161219153722j:plain

RB26で誰もが一番気にかかるコンロッド、クランクメタルの測定と調整です。

 

 

EFIさんの測定調整単位は1/1000mmです。

各パーツ重量、コンロッドバランス取りは1/100gで調整が行われました。

 

 

 

 計測はモノサシなんかじゃありません。EFIテクノロジックさんは、エンジン屋さんですから専用工具で、各パーツの内径、外径、直角度、長さなど等、各パーツごとに詳細な計測記録をデータシートとして残してくれます。専用機具はさすがに写真NGでしたが、設備も整っているので、屋外や工場ではなく、空調、温度管理されたエンジン製作ルームでのエンジン製作になります。(ホコリ、ゴミ、虫、富山の冬など温度変化もNGだからね・・・)

 

f:id:toyamaBNR32:20161219153751j:plain

f:id:toyamaBNR32:20161219153843j:plain

f:id:toyamaBNR32:20161219153920j:plain

 

各メタル合わせは、計画どおりに無事終了!

 

 

腰下組みつけ終わったら次はヘッドか?

 

さて、次はどこ組み立てるんでしょか。

楽しみ!

 

 

 

2016年終了まで、残り12日。