toyamaBNR32’s diary

富山でBNR32をレストアしているオジサンです。今後はBNR32のお手軽レストア情報や、RB26エンジンのオーバーホール、チューニング情報などでGT-Rがお好きな仲間のお役に立てたらと思います。

toyamaBNR32’s diary 2016-2017

rb26 世界最強!?イグニッション コイル01 試作テスト

 

f:id:toyamaBNR32:20161215161856p:plain

はぃコレ。

いきなり点火系の話ですが・・・。

 

いま世界のrb26の点火系チューニングの最新トレンドは、R35コイル流用ではありません。R35パーツ流用を含め、R35コイル流用が主流になっているのは、日本だけなんじゃないですかね?・・・。

 

点火コイルだけではなく、RB26の世界的なチューニングトレンドから見ると、日本って「国産」や「純正品」が最高っていう日本製品神話?に包まれたユーザー独特の市場があるような・・・。

 

 

 

そういう自分も、純正パーツとNISMO信者ですが・・・。(*´ω`*)

 

 

どうも日本人のDNA的に、性能より安心感を重視する傾向にあるようで、R35純正コイル流用が、RB26の純正パーツ代替品となりつつあることも、やはり安心感を満たしてくれるレストア商品、チューニング内容なのかもしれませんね。

  

 

さて、本題のイグニッションコイル流用の話ですが、ではR35のイグニッションシステムと同等の価格で、もっと安心できてシステム的に優れた製品はないのか?ってことで、今回はスプリットファイアのサイトで一般的なイグニッションシステムをあらためて確認してみます。

 

f:id:toyamaBNR32:20161215154101g:plain

 

RB26のダイレクトイグニッションシステムは、一般的なイグニッションシステムと少しだけ異なります。よって左の図のECUとコイルの間にパワートランジスタという部品が増えています。

このパワートランジスタは1個で蓄電し、6本のプラグまでハーネスで伸びて、プラグに直結した6個のコイルが放電するダイレクトイグニッションシステムです。

RB26でも、BNR32とBCNR33はこの仕組みで、パワートランジスタからコイルまでのハーネスが劣化すると、抵抗値があがりどんどん非効率になっていきます。

 

この旧式のイグニッションシステムを進化させたのが、図右のスプリットファイアのダイレクトイグニッションシステムや、BNR34やR35コイル流用後のパワートランジスタを省いたシステムですね。

 

本来ですと図にあるようにダイレクトイグニッションシステムは、ECU、ディストリビューター、ハーネス、プラグも関連しているので、各気筒までの抵抗値などを含めてコイルの制御自体も見直す必要(セッティング)があります。

 

 

 

図にあるように、

コイルの性能だけを変えてもダメ!ってことだね。

 

 

日産同士だからと言って、R35コイルがRB26にフィッテイングがいいわけでも・・・、特別な機能があるわけでも・・・、他車種のコイルより耐久性が高いってわけでも無いそうで。当然、流用パーツとして売ってる方もスプリットファイアほどパーツデータを検証して比較して販売している人がいないってのが日本市場です。

 

まぁ、落ち着いて考えるとR35コイルの性能は、タダのV6の3800㏄用のエンジン点火コイルっていう・・。まぁ平凡なイグニッションコイルです。はぃ( ゚Д゚)

 

   

 

そこで、世界には何があるんだ?と。

「VR38のコイルより使いやすく、耐久性があって、効率よく火花が散るコイルってないのか?」

探してみました。

 

 

 

ってことで・・・・・。

 

 

 

 

 

こんなのありました。↓

 f:id:toyamaBNR32:20161219150336j:plain

f:id:toyamaBNR32:20161214162813j:plain

 

※rb26用のフィッティングを確認している様子。

これは某国の某車の新品コイルを流用加工して、防水、防塵処理を施してrb26に使用できるように加工した点火コイルです。vr38より大排気量エンジン用ですので、ECU現車セッティングで細かい制御ができれば、高回転での失火リスクを避けつつ、中低域での燃費向上が実現する!最強のRB26コイルとなる予定です。

 

 

 

しかぁ~し!

 

 

先述したように、イグニッションコイルは、ECUセッティングで最適なデータを取りながら一次(蓄電)と、二次(放電)の電圧をコントロールできないとリスクが高いです。

 

 

 

その点は、R35のVR38コイル流用も一緒!なんですがね・・・。

 

 

GT-Rマガジンや、チューニング雑誌に書いてあることを鵜呑みにして、自分でポン付け交換可能だと思ってる方も多いかもしれない(俺もそうだった)ので、ざっくり言うとイグニッションコイルは、エンジン専用部品であって、もともと各シリンダーの配置により、コイルの配列、ハーネス引き回し、ハーネス性能、バッテリー性能などを考慮して、各シリンダーで適切な点火が行われるようECUでコントロールをセッティングされています。

効率の良い蓄電、放電ができるよう、ECU制御しているんですね。

コイルが点火に必要とする蓄電時間は、長ければ良いわけではなく、他車種の大型イグニッションコイルを単体で流用して、高回転時に過剰な蓄電や放電をし続けると、プラグが高温になって電極が溶けたり、他の電子部品のショートの原因になり兼ねません。

 

 

そんな点火系トラブルは、エンジンブロー直行のリスクです。

 

 

 

点火系のパーツ交換は、実は非常にリスキー!

 

 

 

今回、流用イグニッションコイルをテストしてますが、RB26用のデータ完成したらコイルキットでデータを公開しちゃうかも!?

...しれません。

 

 

RB26が、日本の冬だろうが、街乗りメインだろうが、常時8番9番を使用していても、プラグがスス焼けたり、カブるなんてことは無くなって、リッター10㌔は走る!

そんな日が来る! 

 

 

 

 

はず!

 

 

 

では、結果をお楽しみに・・。