読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

toyamaBNR32’s diary

富山でBNR32をレストアしているオジサンです。今後はBNR32のお手軽レストア情報や、RB26エンジンのオーバーホール、チューニング情報などでGT-Rがお好きな仲間のお役に立てたらと思います。

toyamaBNR32’s diary 2016-2017

BNR32 rb26 オーバーホール コンロッド強化ボルト

f:id:toyamaBNR32:20161213230340j:image

 

最近のrb26のオーバーホールでは、2.8Lキットを使うのが主流ですから、コンロッドの強化ボルトを使うユーザーって、減ってるんですよね。

チューニングメーカーでも、強化ボルトの在庫は、昨今は持って無いんじゃないですかね?

 

さて今回、ニスモのGTコンロッドに使用したのは外国産のarp製です。GTコンロッドや純正コンロッドに合う強化ボルトは、いまやarpぐらいです。

 

 

ちなみにコンロッドボルトは圧入が必要ですので、プレスで加工するか加工屋さんに出しましょう。

 

f:id:toyamaBNR32:20161213231356j:imagef:id:toyamaBNR32:20161213232034j:imagef:id:toyamaBNR32:20161213232045j:image

 

外国製品の中では、arpはコスト的にも製品的にも安心できるメーカーです。しかし、ボルト1セットを海外から取り寄せるのは、やはり時間のロスが多いので、お世話になっている岡山のジュラテック(旧ブルーフォース)さんから購入させていただきました。

増量オイルパン加工やキャリパー交換でもお世話になってます。

 

EFiテクノロジックさんは、ジュラテックさんのパーツも取り寄せや、取り付けをしてくれますよ。

 

コンロッドボルト圧入もやってくれました。

 

 

次は、いよいよメタル合わせと、組み立てですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

RB26 オーバーホール GTコンロッド追加加工 チューニング 富山など

 

 

最近、いよいよバルブも届いて、新RB26を組み上げだぁ!

となったんですが・・・。

 

f:id:toyamaBNR32:20161207144634j:plain

 

いやいや。

待て待て、そう簡単にはいきません。

 

 

 

NISMO GTコンロッド・・・・。

今更ですが・・・。

 

 

強化ボルトじゃねぇええええし!('◇')ゞ

 

 

どゆこと?

どゆこと?

 

 

 

俺は、NISMO信者だから。

 

 

 

GTコンロッドは、強化品なんだから!

強化コンロッドボルトがついてるって考えてるんですよ。

えっ?

 

 

 

GTコンロッドって、強化品だよね(*´ω`*)?

 

f:id:toyamaBNR32:20161207145452j:plain

www.nismo.co.jp

 

 

 

で・・・・、

なんで合体コンロッドの一番大事なボルトが純正!!!なん!

なんかボルト同じ形してるけど、コンロッドも純正とほぼ同形状だし、同じように材質だけ違うのかなぁ~・・・。

なんて甘~い想像してたけどっ

 

 

 

そのまま、こっちは直球で純正ボルトなんかいっ!

 

 

 

 

 

・・・・さてと、NISMO信者として人柱代表の俺はこう思ったわけです。

 

 

「俺はGTコンロッドマスターになる!!」

 

 

これは、強化ボルトに交換しなきゃね・・・・。

 

 

しかし、1700万のZ-tuneって、純正コンロッドボルトで500馬力出してるんだね。

500馬力ぐらいなら純正ボルトで保証してるってこと。

 

 

 

純正コンロッドボルトのグッドな情報でした!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

BNR32 RB26 チューニング オーバーホール 富山 など

俺の新エンジンどぅおおお~なってるのか!

 

ぜんぜん時間たってないけど、EFIテクノロジックさんお邪魔しました。

やっぱ富山で近いから毎日、様子見に行けるのがいいよね!

 

f:id:toyamaBNR32:20161205103837j:plain

俺を苦悩させたGTコンロッド、大端、小端、全体の重量合わせが完了してたよ。

部分誤差も全体誤差もコンマ単位まで収めたよ。

さすがです!

 

 

 

新RB26用のパーツ測定も終わって、いよいよ組立て作業に!?

年末までに組み立てるんだよ!

 

 

でも・・・。

 

 

待てども。

待てども。

 

・・・・バルブが来ない!

バルブどうした!

バルブ届かんぞ!

日産がんばれ!

 

俺もがんばる!

 

 

f:id:toyamaBNR32:20161205103250j:plain

新品ヘッドで、気持ちee!!!

 

 

 

パワーチェック シャシダイで 「実馬力」を計測しよう。 富山02

 

 

チューニングカーやレース車両の開発時においては、エンジンベンチの出力値を基準には車両つくりはされていないようです。エンジン供給している会社は、エンジンによって限りなく当たり外れが出ないようエンジン供給しているんですから当然ですが・・・・。

 

 

f:id:toyamaBNR32:20161201122736j:plain

 

 

SUPERGTのように、レギュレーションで同じエンジンを搭載しているレース車両同士では、駆動ロスを限りなく少なくなるよう実馬力ベースで車両開発が行われていきます。

レース車両はレギュレーション以外は市販車と異なる駆動方式、サスペンション設計、タイヤ選択など自由な改造が認められますから、全車同じエンジン出力でも、タイヤ接地面での実馬力は、車両ごとに異なると見るべきでしょうね

 

 

 

f:id:toyamaBNR32:20161201123009j:plain

 

 実馬力を計測するのに最適なシャシダイは、タイヤ接地面で計測するローラー式のシャシダイとなります。しかしタイヤ性能が悪くローラーでスリップするようなら実馬力は計測できませんし、ローラー式のシャシダイは重たいローラーをタイヤの回転で駆動させますので、高回転時に慣性の力でタイヤの回転を補助してしまっては意味がありません。そのような条件つきですから、最低でも慣性モーメントや駆動ロスを補正するために、回転中のローラー自体に制御を入れる機能がなければ正確な実馬力は表示されません。

 

 

 

 

実馬力を正確に計測するローラー式シャシダイは、家が建つほどの超高額設備となりますので、日本国内で導入されるケースが希少なのです。外国では空気も流して、車両に空力を発生させた状態での実馬力計測を行う施設もあるそうです。 

 

 

f:id:toyamaBNR32:20161201123207j:plain

 

 

 そして残念ながら、実馬力は原則としてエンジンベンチの出力値よりも低く計測されます。

これは低く計測されて当たり前なのですが、もし貴方のノーマル車両がカタログ値よりも高く表示されたとしたら、それはシャシダイの性能が悪いか、測定値の補正がおかしいのかもしれません。パワーが出たと勘違いしていてはお店の思うつぼです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜなら多くの問題点は、馬力計測したスタッフによって、測定値の補正が簡単に大きくも、小さくもできるってことなんです。

 

 

 

 

 

世の中いい人ばかりじゃないんですょ。

補正値で、悪い人たちに騙されないよう警戒しましょう(笑)

 

 

 

 

 

チューニング内容で、下記の原則から外れて馬力が向上することはありません。

 

エンジン出力は、原則的に空気と燃料が増え、流入、流出量が増え、効率よく燃焼すること。以外に向上しません。

 

 

 

f:id:toyamaBNR32:20161201123600j:plain

 ※モーター付いている場合は除き。

 

 

 

 

 

 

そして・・・・。

 

 

 

 

 

 

今回も、長々と書き込みました・・・が、

 

 

もしも、富山でパワーチェックするなら、オート○ックスさんかEFIさんですが、パワーチェックの意味とか、上記の理由考えたら、お勧めは正確な実馬力を計測しているEFIテクノロジックさんですね・・・。

まぁオート○ックスさんは、ほぼ毎月行って洗車グッズを購入していますが!(*´ω`*)

 

 

f:id:toyamaBNR32:20161201111919j:plain

↑このシャシダイが富山にあるんです!

 

 

 

 

最新DYNOーJETで実馬力を測る会社あるんです。

すごぃよ富山!

 

 

 

 

 

住んでてよかった。

 

 

 

 

 

 

俺も新RB26で、

実馬力のパワーチェックをやってみたいです。 

次は、RB26の進捗状況をまた載せるつもりです。

 

 

 

 

 

 

 

※ EFIテクノロジックさんで実馬力計測中のFD↓

www.youtube.com

 

 

 

 

パワーチェック シャシダイで「実馬力」を計測しよう。 富山01

「馬力と、実馬力の違い」

 

スポーツカーを買うときって、馬力って重要な要素になるわけなんですが。

メーカーのカタログのエンジンパワー(hp)と、シャシダイなどで計測するエンジンパワーには、かなりの誤差があるのは周知の事実なんですよね。

 

 

f:id:toyamaBNR32:20161201112414j:plain

f:id:toyamaBNR32:20161201112332j:plain

 

 

でもカタログ値は、メーカーが嘘ついてたり、適当な数値を公表しているわけじゃないんです。ではどうして誤差が出るのか?って疑問に思いませんか?

 

 

 

 

自分もその一人だったんですけど・・・。

 

 

 

 

この馬力の数値は、結論から先に言うと、エンジン単体出力と、車載状態での出力の違いが出ているってことになります。車の馬力を測るために、車のドコに、どんな尺度のモノサシを当てて馬力を計測しているのか?によって数値は異なるようです。

 

 

 

 

 

自動車メーカーが、パンフレットで記載している数値(カタログ値)は、エンジンを単体で出力テストしているエンジンベンチでの出力測定の平均値ですので、車両の馬力というよりエンジンの馬力なんです。

 しかし、エンジン単体での馬力表示は問題があるのです。

 

 

 

それは・・・・。

 

 

エンジンから発生した出力(馬力)は、クラッチ、ミッション、デフ、ドライブシャフト、プロペラシャフト、ハブ、ブレーキローター、ブレーキキャリパー、アルミホイール、タイヤなど、多くの部品を伝達して最後にタイヤ接地面から地面に対して発生させます。エンジン出力は、この駆動部分の部品数、設計、精度などで出力のロスが発生するからです。

 

 

タイヤでの馬力の値を「実馬力」と言います。

 

f:id:toyamaBNR32:20161201111918j:plain

実馬力を計測するDYNO-JET(ローラー式シャシダイ)

タイヤで発生した馬力を計測するので、業界的に実馬力はローラー式シャシダイで計測した値になります。

 

 

 

 

 

日本の馬力表示のジレンマ

 

車の馬力を測る場合は、多くの場合以下の3か所で計測されています。

 

1、エンジン出力時に計測する。

(メーカー公表値)

 

2、ドライブシャフト時に計測する。

(タイヤ外して、駆動軸で固定したダイナモを回すタイプ)

 

3、タイヤ接地面時に計測する。

(タイヤそのままでローラー式のダイナモを回すタイプ)

 

 

 

パワーの測定値も、3か所の測定場所によって計測値に違いがでます。

馬力の計測値は、エンジンで馬力が発生した時点で一番大きく、エンジン出力時の馬力が一番高くなり、エンジンから一番離れたタイヤ接地面での計測値が一番低く計測されます。

 

 

 

エンジンの出力 > 駆動軸の出力 > タイヤの出力 です。

 

 

 

ですから、自動車メーカーのカタログのエンジンベンチでのパワー計測は、誤差が少なく、値としては信用できる数値です。国産自動車のメーカー同士の公表値も、エンジンベンチ出力でモノサシを統一していますので、これを目安にして問題はないし嘘でもないのです。

 

 

 

 

が・・・・・、

 

 

 

 

f:id:toyamaBNR32:20161201111921j:plain

f:id:toyamaBNR32:20161201111918j:plain

f:id:toyamaBNR32:20161201111924j:plain

f:id:toyamaBNR32:20161201112019p:plain

 

 

アメリカなど海外では実馬力でしか馬力表示をしません。

軸馬力やエンジン出力を馬力とは言いません。

2000馬力あれば、オート○ックスでは1.15倍にして2300馬力だなとか、そんな面倒な変換数値は求めていません。(*´ω`*)

 

 

 

アメリカのチューニング業界では!

2000馬力は2000馬力なんです。実馬力以外は無いんです。

※アメリカの自動車メーカーのカタログ値は、ほぼ100%盛られていますが・・・。(笑)

 

 

 

世界のチューニング業界を含め、実馬力と軸馬力が混在した表示をしているのは日本ぐらいではないでしょうか。想像するに日本独特の馬力表示が混在する理由のひとつは、日本のシャシダイの設備投資や設置場所などがあるかもしれません。最新のローラー式シャシダイ(DYNOJETなどは、ガレージ4台分ぐらいのスペースが必要ですし、設備投資も軽く1000万を超えてしまいます。

 

 

 

 

 

さらに・・・。

パワーチェックには、ユーザーにとって大きな問題もあります。

 

 

 

記事02へ

 

 

 

 

toyamabnr32.hateblo.jp

 

 

 

BNR32 RB26 パワーチェック シャシダイ 富山

 

ウチの白ですが、こっちは1994年式(平成6年)ですので今年22歳です。

人間だと、ジャスティンビーバーと同級生です。

お騒がせの問○児ですが、うちの子も同じです(*´ω`*)

 

f:id:toyamaBNR32:20161128141558j:plain

 

ウチの子は、見た目は一見綺麗です。

が・・・・、

 

エンジンルームのありとあらゆる純正部品が、紫外線や熱などにより劣化しています。冷却水やオイルラインのゴム類、配管、ガスケット、ハーネス、カプラーなどプラスチック製品を含め、センサー類に至るまで使用期限を過ぎた部品の塊です。

 

 

そんな経年劣化部品も純正部品は年々高くなっていて、予算が足りずになかなか交換できていません。下回りメンテナンス検査をうけると、あれやこれやとオイル漏れや水漏れがみつかりますので、シタは見ないで~!。( ;∀;)

 

 

今までは駐車場のオイルシミを見つけても、それはウチの子じゃありません!って、見て見ぬふりをし続けてきました。

まぁ確実にうちの子ですけどね。

 

 

f:id:toyamaBNR32:20161128141502j:plain

 

しかし、いよいよ親としてお漏らしが我慢できなくなり、気持ちと身体を入れ替えたく、エンジン下してガスケットや水回りなどを一式でプチリフレッシュ完成しました!

RB26エンジンの性能が変わるわけではありませんが、取り外して割れそうなゴムホースやオイルラインを交換すると、オーナーとして安心感が断然違います。

 

 

 

定番の駐車場でのお漏らしがなくなりました。←普通?w

 

 

そしてこのプチリフレッシュの集大成として、RB26をパワーチェックしましたよ。

 

f:id:toyamaBNR32:20161128122704j:plain

シャシダイにおとなしく乗る図

 

 

 

 

 

結果は、250馬力?

・・・・

 

 

EFIテクノロジックさんのシャシダイは補正値なしですので、オート○ックスなら275馬力といった程度でしょうか。

でもこれは・・・

 

社長!うちの子!

なんか壊れとるんじゃないか・・・パワーでてないじゃん。

 

 

これは一気に、

エンジンオーバーホールしなきゃいけない時期だったのか?・・・

 

 

まぁ、とっとりあえず。

白は普段乗りでしか使用しませんので、いたわりながら様子みていこう^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

BNR32 RB26 GTコンロッドに物申してみる。エンジン 富山

 

この前、Z-tuneにあこがれて、期待に胸を買ったNISMOGTコンロッドだけど...。

 

 

いまこんな感じ ↓




はい今日も、GTコンロッドの大端部を 3g 削って磨いて重量調整するんです。


はい?


そう1本、約3gの作業です。



形が変わるよコンロッドわ。
2グラム削ると見た目が別物だよ。
これ見て。↓



削ったトコ、磨いてツヤツヤ〜。

 



ところで、なんで3gも調整がいるんだって?


新品GTコンロッドの大腿部で6本中1本が、1g足りず、1本は2.5g重かった。

6本の全体重量も0.8gズレていて、1g以内が完成品質なんかな?

わからんけど、部位ごとのバラツキがすごい。


 

1番ひどい2.5gのヤツを、とりあえず1本だけ買い足しても良かったけど・・・。

ニスモさんの場合、今度は5gズレてる可能性もあるわけですよ。


なぜかって?


そりゃね。

今の時代の製品としては、あまりにも製品バラツキ酷いから、俺は直接ニスモさんに電話して聞いたの。

そしたら、GTコンロッド、重量バランスは計測してないんだって。



これニスモ信者として、信じられる?


GTコンロッドって、ニスモの記念限定車?BNR34 Z-tuneって1700万の車のエンジンパーツですよ。そのエンジンのコンロッドが重量バランス計測してないんだよ。GTクランクはダイナミックバランス済みらしいけど。

 

 

ディスるわけじゃない・・・けどね。
ニスモさんはコンロッド重要視してないのかな。車両の搭載エンジンは、大量のGTコンロッドの中から厳選して使用してるのかわからんが、Ztuneのカタログやパンフどおりだとしたら、今の時代に、このパーツ作りは…ない..な。


ちなみにニスモさんに泣いて頼んでも、GTコンロッドは新品パーツでも交換してくれません。世間じゃ同じ金額のビィトンのバッグでも、返品や交換はできるのに…。

 

 


んで、今回は一気に1980年代に戻って、コンロッド5本の削り作業となってるのでした。



アハアハあはははははヒャヒャ!(*⁰▿⁰*)
めっちゃ時間かかるぅ~

 

 


とりあえず俺は、EFIテクノロジックの石黒社長に少し詫び入れて、この超がつく面倒な作業頼んじゃいました。



ちなみにHKS製品では、こんな面倒な作業はない。

重量誤差も抑えてきます。

今回6個のピストン見てみたけど0.2gどこか、重量ズレてるの0.1gと0.2gの合わせて3個で、あとは0.0gの誤差無しの超完成度。





さすが、パーツメーカーの優等生です。( ´∀`)



この製品精度が今の時代ですよ。


でも俺は、本質的に優等生製品は嫌いなので、ニスモ製品くらいの手間がかかるほうが好きなんだよ。


玄人向けの味つけだと思ってるから…。
ん?勘違い?



まぁ

作業、俺やってないし〜(笑)



石黒社長!

ウチの子、ホント頼みますわ〜!(´;ω;`)